AGA治療に取り組んで、老けて見られる薄毛を改善しよう

AGAの治療薬

眉間にシワを寄せている

AGAの治療を行なっているのは、皮膚科です。皮膚科ではどのような治療が行なわれているのでしょうか。
代表的な治療方法が服薬の治療です。皮膚科で処方される薬は、テストステロンと結合してジヒドロテストステロンを発生させる5αリダクターゼを抑制する効果があります。
5αリダクターゼを抑制する効果がある薬を、プロペシアと言います。プロペシアに含まれるフィナステリドという成分が5αリダクターゼを抑制する効果があります。
このプロペシアは現在医療保険の適用外となっているため、全額自己負担となりまう。出費はありますが、3年ほど継続した患者の70%が発毛を実感しています。
インターネットでは安価なプロペシアのジェネリック医薬品が流通しています。フィナステリドを含有しているため、AGA治療に一定の効果は見込めますが、発がん性の物質を含んでいることもあるので要注意です。

AGA治療として処方される薬として代表的なものが、ミノキシジルという薬です。ミノキシジルは血管を拡張する効果があります。
頭皮にミノキシジルを塗布すると、頭皮の血管が拡張されます。頭皮の血管が拡張されると、血流が良くなります。
血液中には発育に必要なタンパク質やミネラルが多く含まれています。毛根にタンパク質とミネラルを与えて、発育を促します。
刺激が強い薬なので、敏感肌の方には服用するタイプのミノキシジルが適しています。頭皮だけではなく全身の体毛が濃くなるという副作用があります。
AGA治療に処方される薬のメリット・デメリットを踏まえた上で、医師と相談して治療方法を決めましょう。

↑ PAGE TOP